コンピューターの感染を防ぐ

コンピューター管理法

トップ

ウイルス対策情報

  • 観光地のネットカフェ
  • 新着情報

    コンピューターウイルスについて 

    パーソナルコンピューター(PC)が普及し誰もが当たり前に使うようになったインターネット。インターネット使用がPC購入の主な理由だという方も多いことでしょう。PCやインターネットの普及と共に蔓延すようになってしまったのがコンピューターウイルスです。メールやプログラムインストールによるものだけでなく、サイトを見ただけ、あるいはネットに接続しただけでも起こる感染事例が後を絶ちません。感染すると、自身のPCが壊れたり、PC内データが抜き取られたりするだけでなく、自身のPCから友人・知人などへの感染経路となり、場合によっては責任が問われることにもなりかねません。インターネットに接続するPCには必ずウイルス対策ソフトを入れるようにしましょう。

    コンピューターウイルスについて 

    コンピューターウイルスとは、コンピューターに侵入することにより、そのプログラムを壊してしまうもののことを言います。インターネットなどに接続している場合、何かよくわからないメールなどを開いてしまった場合に勝手に感染してしまう恐れがあります。一度感染してしまうと、内部に記録されている情報を勝手に外に漏らしてしまったり、または破壊するなどの危険性があります。対策としてはウイルスバスターなどのソフトをダウンロードするか、もしくは市販されているソフトを使うことにより、防ぐことができます。ですが、新しいものには対応していない場合もあるので、注意が必要です。

    コンピュータ,感染